研究に関する情報公開
および研究協力への
お願い

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い、実施します。

臨床研究のうち、既存の情報・試料のみを活用する研究等については、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる参加者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません。研究に関する情報を公開し、さらに拒否の機会を保障するようにしております。これをオプトアウト手法と言います。

オプトアウトを用いた臨床研究を下記に示します。研究への協力を希望されない場 合や、利用目的の詳細など研究に関するお問い合わせがある場合は、下記にあります【本研究に関する問い合わせ窓口】をご確認ください。なお研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありませんのでご安心ください。

論文